『思考傾向』が感情や気分を変えます。プラスorマイナス?

Uncategorized

皆さんは、ポジティブですか?それともネガティブですか?

思考傾向とは、簡単に言えば「考え方の癖」のようなものです。

例えば、夜道を歩いている時に黒猫が前を横切ったとします。

その時にあなたはどう捉えますか?

「かわいい猫がこんなところにいたんだ!」

「好きな猫に出会えて1日の終わりにハッピーになった!」

プラスに捉え、幸せに感じる人もいます。

中には、

「何か不吉なことが起きるかもしれない。」

「家まで帰るのが不安になったきた。」

と、必要以上に不安になる人もいるんじゃないでしょうか??

このように、同じ出来事でも、無意識のうちに考え方の癖を通じて、最終的に生じてくる気分や感情が大きく変わってくるんです。

それでは、自己理解を深めていくために、あなたの思考傾向はどのようなものなのかをテストをしてみていきたいと思います。

1、2)どちらか選んでくださいね。

心理テスト

お気に入りのコップが割れてしまった。

  1. 「仕方ないか!新しいの買おう!」
  2. 「急にわれるなんて…..、何か悪いことが起きる前兆なのでは…..?」

占いを見ると結果が最悪。

  1. 「たかが占い!気にしないよ!」
  2. 「今日は不吉だらけなのか…..。一日中家にいよう。」

出かけようとしたら靴紐が切れていた。

  1. 「形あるものは壊れるからしょうがない!違う靴でで出かけよう!」
  2. 「どうしてだろう?落ち込むなー。」

仕事でミスをした。

  1. 「まあ、たまにはミスするよ。」
  2. 「こんなミスをするなんて、何てダメなんだろう……。」

友達に誘いを断られた。

  1. 「そっか、また今度誘ってみよう!」
  2. 「嫌われているのかな?」

以上、5問出しました。

1を多く選んだ人

1を多く選んだ人は、プラス思考傾向タイプです!!

スポンサーリンク

このタイプの人は、気分転換が上手だったり、なんでも前向きに捉えることができるので、

ストレスが溜まりにくく、心の健康度を高く保つことができます。

しかし、プラス思考の人にも落とし穴があります。

プラス思考すぎる人は、物事をあまり深く考えずに行動してしまう傾向があります。

軽率な言動が失敗を招いたり、周りを見ずに暴走してしまい、反感を買ってしまうことがあります。

あまりにもプラス思考が強い場合は、周りをよく見て、暴走しないように他の人からの意見を聞き入れるようにしましょう

2を多く選んだ人

2を多く選んだ人は、マイナス思考傾向タイプです。

こんな人は、クヨクヨ悩んだり、自分の殻に閉じこもってしまう傾向があるので、周りの人からあまりいい評価を得られません。

マイナス思考が強い人は、なんでもない、考えなくても良いことまで深く考え込んでしまい、落ち込みやすくなります。

しかし、マイナス思考が全て悪いというわけではありません。

マイナス思考の人は、とても敏感で、慎重に物事を進めるので、心無い人に利用されたり、詐欺に遭うことは少ないです。

大きな失敗体験に苦しむこともないかもしれません。

かと言って、マイナス思考で苦しむ人が多いわけですから、自分に合った気分転換方法を身につけて、自分自身を必要以上に苦しめないような対策をしておいた方がいいと思いますよ!!

1、2半々ぐらいだった人

これが一番理想なんです!!!

偏りがなく、比較的自分で精神安定を取り戻すことができます!

できるだけプラス思考で、何か辛い出来事やミスをした時は、自分で反省をすることができて、

成長しようとする姿が素晴らしいと思いますね!

今回は、テストをしてみましたが、

まず自己理解を深めて、少しでもストレスが少なく楽しい人生になることを願っています!!

『ストレス』が成長させてくれる!!
皆さんは日々成長していますか? 成長しているならそれは、ストレスのおかげなんです!!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました