『社会的動物(人間)』 人間関係構築スキルを上げよう!!

Uncategorized

この記事を読んでいる方で、「僕は生まれた時から1人で生きてきたんだ!!」

って言い切れる人っていますか??

多分、この世には、生まれた時から1人で生きてきた人はいないでしょう。

人間は「社会的動物」と言われ、大昔から今まで集団の中で生きてきました。

その集団の中で自分の居場所を見つけ、周りの人から必要とされ、愛情が溢れる環境で時を過ごすことを望むのは、人間として当たり前のような欲求とも言えるんです。

この欲求を満たすためには、人間関係を上手く築く力が必要になります。

人間関係を上手く築けなかったら、集団に居場所が見つからなかったり、集団から弾き出されてしまうことがあります。

こうなってしまうと、「自分なんて必要ないのか……….。」と感じてしまいます。

今回もテストをしてみますので、自分の人間関係構築スキルはどれくらいあるのかみてみましょう!

今回は(1、2、3)の中から選んでください!

人間関係構築スキル診断テスト

お土産をもらう

  1. 「わあ、ありがとう!ラッキー!!」
  2. 「そんな悪いよ………。」
  3. 「ありがとう!今度〇〇に行くからお土産楽しみにしといて!」

友人を待たせる

  1. 「じゃあ待ってて!」
  2. 「悪いから、先に行ってて!」
  3. 「ありがとう!急いで行ってくるから!」

ご馳走してもらう

  1. 「ラッキー!お昼ご飯が浮いた!」
  2. 「いや、割り勘にしよう。」
  3. 「ありがとう!じゃあ、今度はご馳走させてね!」

仕事を手伝ってもらう

  1. 「やった!面倒が手から離れた!」
  2. 「いやいや。自分でやるよ!」
  3. 「ありがとう!今度何か困ったら、絶対ヘルプに行くから!お願いします!」

結果

早速結果を見ていきます。

1を多く選んだ人

この人は、「期待不認知タイプ」です。

あなたは、他者からの好意を喜んで受け取り、素直に気持ちを表現できる力があります。

他者から見れば、喜んでくれている姿を見て気持ちがいいはずです。

しかし、いつも相手の好意に甘えすぎて、お返しがないと「図々しい人」だと思われます

他者からの好意を受け取るばかりではなく、その好意に対して誠意を見せることも、豊かな人間関係を築く上で大切なので、意識しておきましょう!

スポンサーリンク

2を多く選んだ人

この人は、「期待負荷タイプ」です。

他者から何かをもらう、他者の好意に甘えるということは、

期待に応えないといけないと感じてしまったり、自分が大切にしているものが奪われてしまうんじゃないか?とという恐れなどで、重荷になってしまっています。

期待負荷タイプの人は、他者から何かしてもらうと、確実に何かを返そうと努力します

律儀でとてもいい人なんです。

しかし、何もお返しができなかった時に「自分はダメな人間だ……。」と自分を責めてしまうこともあるかもしれません。

こんな時は、期待に応えようと過剰に抱え込むのを止め、「人間関係を豊かにするんだ!」という前提で、奢ったり奢られたりを楽しむ姿勢が大切ですよ!!

3を多く選んだ人

この人は、「期待受容タイプ」です!

この人は、人との繋がりを求め、その繋がりを大切にする力があり、かんけ構築スキルが高い人です。

他者からの期待に重荷を感じることはなく、喜びを感じているはずです。

周りの人からの期待に応えられることに、誇りと喜びを感じられるので、マイナス思考に囚われることも少なく、ストレスをプラスの方向に転じさせる力もあります。

皆さんの結果はどうでしたか?

僕は、「お土産をもらう」は(2)でそれ以外は(3)でした。

お土産をもらうのって、たまにしか会わない人だったり、離れた場所に住んでいる人からもらうことが多いので、お返しができないんですよね。

いつ会えるかわからない人からいただくのは、申し訳ない気持ちになってしまいます。

そんな感じで、いろいろな意見があると思いますが、皆さんの人間関係が上手くいくことを願っています!!

人を判断する基準は『行動』を見るとよくわかるんですよ!!
言葉よりも、心よりも行動が大事!!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました