気になる人と距離を縮めるには???

Uncategorized

皆さんは、気になる人がいればどんなアプローチをかけますか??

今回は、

  • 自分の秘密を打ち明けよう
  • バーカウンターは親密度上げるパワースポット
  • 美味しい食事が、お互いの印象をアップさせる
  • 単純接触の回数を増やせば、相手に好意が生まれる

の4つを紹介したいと思います。

自分の秘密を打ち明けよう

秘密を共有すれば、親密度が高まる

「実は私・・・・・」などと打ち明けて相手と秘密を共有すると、連帯感が生まれて親密度が高まります。

お近づきになりたい相手には一歩踏み込んで、自分の秘密を教えてみても良いでしょう!

ただ、初対面の相手に対しては、得策なテクニックではありません。

悪い印象を与えたり、相手に負担を感じさせたりする可能性があるからです。

関係性を少しずつ構築しながら、タイミングを見計らって使いましょう!!

バーカウンターは親密度上げるパワースポット

バーカウンターなら自然と密着できる

異性と親密な関係になりたければ、45cmのパーソナルスペースに入り込むのがベストです。

しかし、いきなりその距離に入り込むのは難しく、下手をすると嫌われかねません。

そこで活用したい場所がバーカウンター。

カウンター席は、隣同士の距離が近く、自然と密着度が高まります。

また、席についてる時はお互いカウンターの方を向く形になりますので、向き合う場合よりも、照れがなくなります。

お酒の力も借りて、一気に距離を縮められるでしょう。

美味しい食事が、お互いの印象をアップさせる

食事に誘って好印象を抱かせる「ランチョン・テクニック」

スポンサーリンク

人は美味しいものを食べていると否定的な考えにならず、記憶力も高まります。

デートや商談など、相手との距離を縮めたければ、一緒に食事をするのがおすすめです。

美味しい料理を食べているときは、一種の快感状態にあります。

そうなると、警戒心が緩み、一緒にいる相手にも好意を抱くため、話が都合よくまとまりやすくなるのです。

アメリカの心理学者「グレゴリー・ラズラン」は、この心理法則を「ランチョン・テクニック」と命名しました。

単純接触の回数を増やせば、相手に好意が生まれる

面会の質よりも量が重要になる

アメリカの心理学者「ロバート・ザイアンス」は、

「人は、知らない人に対して攻撃的で、対応が冷淡」

「人は、相手に会う回数が増えるほど、好意を持つ」

「人は、相手の人間的な側面を見ると、より好意を抱く」

という「ザイアンスの法則」を提唱しています。

つまり、好感度を高めるには、接触の質よりも回数が重要になるということ。

気になる人との距離を縮めたければ、会う回数を増やした方が効果的なのです。

仕事や、学校でもオンライン化が進み、実際に人に会う回数は減っていると思います。

でも、人間は1人では生きていけませんし、誰かに頼らないと生きていけません。

リアルにあえた時ほど、人を大切に接していきたいですね!!

『神様からのメッセージ』〜『コロナ』で気付く人間関係って?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました