『行動心理』コミュニケーションに役立つサイン!(パート8)

Uncategorized

皆さんは、相手の行動を見て、心を読むことができますか??

今回は、

  1. 歩き方から基本性格を読み解く
  2. キーボードの打ち方から心を読み解く
  3. 会話から嘘を見抜く①
  4. 会話から嘘を見抜く②
  5. 会話から嘘を見抜く③

この5つを紹介したいと思います!

歩き方から基本性格を読み解く

  • 早足で歩く人は、自分本位
  • 大股で歩く人は、親分気分
  • 1人で歩いている姿を見れば、その人の基本性格がわかる

歩いている姿で、基本的な性格が診断できます。

例えば、ゆったりと大股で歩いている人は物事を俯瞰で見れるリーダータイプで、早足の人は自分のペースで物事を進めないと気が済まないタイプ。

歩く時に音楽を聴いている人は、わがままなタイプと言えるでしょう。

周囲の人たちの歩き方の癖を観察してみると、意外な一面を発見できるかもしれませんよ。

キーボードの打ち方から心理を読み解く

  • 激しいタイピング音は、頑張っている自分へのエール

パソコンのキーボードを強打するのは、「自分は頑張っているぞ」という自身へのエールです。

キーボードを今日がした時の「タンッ!」という音で、「自分が頑張っていることを認識したい」と言った心理が働いているのです。

そんな人を見かけたら「お疲れ様です!」と一声かけると、喜んでくれるでしょう!

会話から嘘を見抜く①

  • 声のトーンが上がり、早口でまくしたてる人は嘘をついている可能性アリ
  • 早口に翻弄されないように会話に”間”を作ろう

早口になる相手には、注意が必要です。

スポンサーリンク

早口や声のトーンが上がるのは、緊張状態に入ると声帯が挟まり呼吸が早くなるからです

プレゼンで、あまりにも緊張しているときに、声が裏返ったり、いつもより話すスピードが速くなったりするのと同じ心理状態と言えます。

嘘を隠そうとして緊張状態に陥っている可能性が高いので、早口に翻弄されないよう、席を外すなどをして会話に”間”を作り、相手をペースダウンさせましょう!

会話から嘘を見抜く②

  • 相手の嘘見破るには、突然の沈黙が効果的
  • 突然の沈黙が相手の焦りを招く

会話中に相手が突然押し黙り、無言でこちらをじっと見つめてきたら、あなたはどう思いますか??

多くの人は不安になって、「何かまずいことを言ったかも!?」と焦るはずです。

そんなときに場を取り繕おうとして、バレると困る嘘が口をついて出るケースがあります。

相手の嘘を見破りたいなら、突然の沈黙も有効な手段です。

会話例

上司「会社に戻ってくるのが遅かったな。」

部下「は、はい……打ち合わせが長引いて。」

上司「そんなに時間がかかったのか?」

部下「そうですね……..。」

上司「……………………….。」

部下「あの、はい…………。あのー……………..」

会話から嘘を見抜く③

  • 嘘をついていると感じたら、言葉よりも態度に注目する
  • 視線や表情などに本心があらわれる

相手の嘘を見抜くポイントは、バーバル面(言語的要素)とノンバーバル面(非言語的要素)が一致しているかどうかです。

本当のようなことを言っていても、視線が定まらなかったり、汗ばんだりしたら、嘘の可能性があります。

逆に「嘘をついていない」というような堂々とした態度であっても、言葉に矛盾があったり、考え込み始めたりすると、嘘の可能性があります。

『行動心理』コミュニケーションに役立つサイン(パート7)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました