『嫌なこと』を忘れて、嬉しかったことや楽しかったことを記憶に残す方法??

Uncategorized

新年最初の投稿となります!!

新しい年に入りましたので、昨年の嫌な思い出を忘れたい人は多いんじゃないでしょうか??

僕も嫌なことを忘れて、楽しい一年にしていきたいと思います!!

まず皆さんは、嫌なことがあったらどうしますか??

  • 周りの人に愚痴をこぼす。
  • 考えないようにする。
  • 忘れたいけど、忘れられない。

簡単に言えばこんな感じでしょうか??

この中に2つやってはダメなことがあるんです。

嫌なことはアウトプットしない!

さっきも書いてあったように、「愚痴をこぼす」という行為は、

嫌なことがあった(インプット)愚痴をこぼす(アウトプット)ということになってしまうので、余計に頭に残りやすいんです!

そして忘れにくい。

僕もいろんな本を読んで(インプット)、たくさんの記事に記載(アウトプット)していますがやはり、自分の知識としてずっと頭の中に残ってくれています!

なので、それぐらい頭に残ってしまうということなんですね。

かと言って、ずっと自分の中にとどめておくことはストレスが溜まりますし、いろんな場所に悪影響が出てきますので、吐き出したほうがいいんです。

そういうときは、信頼できる友人など1人だけに話すということが大切なんです。

たくさんの人に愚痴を言いふらすのは、あなた自身の価値も下げますし、愚痴を言われている人も価値が下がり、悪循環です。

アウトプットしすぎると余計に忘れにくくなりますので、できるだけ信頼できる人1人だけに話すということを意識していきましょう!!

そして、「一回吐き出したら、これで忘れるんだ!」ということを自分ルールにして、習慣にしていきましょう!

楽しいことを考える!!

嫌なことがあったときは、楽しかったことを考えるのがいいんです!!

スポンサーリンク

特にいいのは、「寝る前の15分」なんです!!

この時間は、記憶のゴールデンタイムと言われており、

寝る前に、

「今日はこんな嫌なことがあったなー」「今日は上司にいっぱい怒られたなー」「彼女に振られて寂しいなー」

と考え込んでしまうと、次の日もまた次の日も記憶に残ってしまい、余計に苦しい日々を送ることになります。

そして、嫌なことを考えると、不安で寝れなくなります。

僕の後輩も心が病んで寝れないときは、「寝る前に嫌なことを思い出す」と言って寝れなかったようです。

なので、この記憶のゴールデンタイムに楽しかった思い出を思い出すことが大切なんです。

もっと言えば、その15分間でノートに楽しかった出来事を3つぐらい書く(アウトプット)

そして楽しかった出来事を頭の中でイメージしながら布団に入って寝ることが効果的だと言われています!

人間の脳はマルチタスクができません。

「楽しい出来事」を考えている限り、「辛い出来事」は思い出されないのです。

「楽しい出来事」で「辛い出来事」を頭の中から追い出しましょう!!

「嫌なことはアウトプットしない」「楽しいことを考える!」

この2つを意識して、今年1年間楽しく過ごせたらいいですね!!

なんでも『ポジティブ』がいい!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました