『白色編』色が、人の心理、行動、イメージを作り出している??

Uncategorized

皆さんは、知らないうちに、色によって支配されていたってご存知ですか??

実は普段の生活の中で、色はとても重要な役割を果たしていたんです!!

今回は『白色』について見ていきたいと思います。

白色ってどんな色??

まず、言語イメージとして、

  • 若さ
  • 清潔感
  • 冷たい
  • 純粋
  • 新鮮
  • 明るい
  • おめでたい

視覚イメージとして、

  • 結婚式
  • 正月

心理イメージとして、

  • 努力家
  • 美意識
  • 演技派

相手へのメッセージとして、

  • 美しくして見てほしい
  • 若く見てほしい
  • 清潔ですよ
  • 他人と距離を取りたい
  • 伝えたいことはないです

があります!!

白は極端な色で、強く冷たい印象を持つ場合と、他の色と馴染んで優しいイメージを作り出す場合があります。

また、キャラクターにも色の特徴が出ているんです。

「スヌーピー」「ベイマックス」「怪盗キッド」「ムーミン」「オラフ」「テレサ」

などがいます!

確かに、白いキャラクターは、純粋であったり、冷たさがあったり、清潔感があったりと、

しっかりキャラクターにも反映されていますよね??

個人的に、白い服を着ている人は第一印象が「清潔感があって綺麗だ」って思いますね。

ちなみに、アンミカさんが「白は200色あるねん」って「松本人志の酒のつまみになる話」で言っておられました。(笑)

白色が好きな人の性格??

1、白色が好きな人の性格として……….

  • 努力家で完璧主義傾向
  • 他人にも自分にも厳しい
  • 美意識が高い人が多い
  • 白の力に憧れる、努力家でない人もいる

白色が好きな人は、高い理想を持っていて、それをストイックに実現させていく人です。

スポンサーリンク

努力家で完璧主義者といえます。

白は他の色を引き立てる色であり、他の色と結びついて性格面でも他の色を強調することがあります。

ピンクと結びつくと、優しさや繊細さが増します。

赤と結びつくと、より強さや理想家として、ストイックさが顕著になる傾向があります。

白色はどんな効果を生み出すのか??

  1. ストレスを防ぐ
  2. 信頼されたい

1、ストレスを防ぐ

白色は、黒色と同じくストレスを防ぐ効果があります。

白の言語イメージとして、「隠す」「強い」という意味も込められています。

白い服を着ていると、眩しいですよね?

白い服を着ている人は悪口や強いストレスを与えるイメージって出てこないですよね。

そこにも、言語イメージである「隠す」という効果が「ストレスを隠す」という所に出ているのかもしれませんね!

2、信頼されたい

これも黒と同じく、信頼されやすい効果があります。

白色は、何も染まっていない、純白な人っていうイメージがあります。

純粋で、清潔な人っていう良いイメージを相手に持たせることができるので、会社や、学校面接では、基本白いシャツを着ている人が多いですね!!

それが当たり前みたいになっていますよね。

以上、『白色編』でした。

色の影響は誰もが知らないうちに受けています。

自分がこうなりたいと思うのなら、身につけるのも良し、いつも見える所に置いておくのも良し、

色によっても性格が異なりますので、ぜひ試して見てくださいね!!

『緑色編』『黄緑編』色が、人の心理、行動、イメージを作り出している??

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました