『言わせない気遣い』があなたの「行動」「姿」「心」を輝かせます!!

Uncategorized

皆さんは普段、特に仕事や、家族内で「言わん言えんの理」を聞き分けることができていますか??

この「言わん言えんの理」を聞き分けることができれば、何事もスムーズに進みます!!

天理教の教祖の言葉の中に……….

難しいことは一つも言わん。

どうせこうせこれは言わん、これは言えん。

言わん言えんの理を聞き分けるなら、何かの理も鮮やかという。

という言葉があります。

普段の生活の中で、「もっとこうして欲しい。」「ああして欲しい。」と思うことってよくあると思うんです。

特に仕事場などで………..

僕も仕事をしているときに、後輩に対して

「もっとこうして欲しいなー。」「ああしてくれたらスムーズやのになー。」

って思うことが多々あります。

やって欲しいことを伝える時もあるんですが、言う立場からしてみれば気持ちの良いわけでもありませんし、言われている方も気持ちの良いものではありませんよね?

持ち場立場で言えないことも多々あり、ストレスに感じる人も多いのでは無いでしょうか??

上の立場になって、後輩に求めすぎな部分もあるのかもしれませんが、

自分が思っていることをやってくれれば色々とスムーズに進むことが多いんです。

これをわかっているので、僕は上の立場の人に求められていることを、

日々の積み重ねで察知して、言われる前に行動するようにしています!!

「これぐらいでいいっか」という心が、頼まれている相手に

スポンサーリンク

「言われんでもここまでやってくれよ」っていう心を作らせてしまっているんだと思うんです。

頼まれる側は、「それぐらいはっきり(やって!)って言ったら良いやん!」

って思うかもしれませんが、

言わずにやってくれる人ほど、頼んでる側の人からの信頼度はかなり上がると思うんです!!!

今の時代、なんでもかんでもパワハラ、モラハラって訴える人も多いとは思いますが、

「じゃあ自分はどれだけ人のために動けているんだ?」

って自分自身を見つめ直すことも大切だと思うんです。

言われてからするんじゃなくて、言われる前に動くことによって、

人との関わり、仕事での関わり、家庭内での関わりにとても重要になってくるんじゃないでしょうか????

それに言われる前に動こうとする、誰かのためを思って陰で動く姿は、誰にも見られていなくても神さまが見てくれています。

そういう人には必ず神様が味方でいてくれますから!

皆さんも、仕事や家庭内でうまくいかない時には、こ「言わん言えんの理」という言葉を思い出してください!!

そして相手が何を求めているのかを察知して先に動いてみてください。

仕事場の上司、後輩、同期=仕事円満

家庭内の姑、奥さん、旦那さん、子供たち=家族円満

この人たちとの関係性は絶対に良くなりますから!!!

絶対に良くなりますし、あなた自身にも自信が持ててきて輝くようになりますから!!!

お互いに人の心を少しでも読めるように日々精進しましょうね!!!!

『信頼できない人』の見分け方??
信頼できる人、できない人を見分けることで自分の心の傷を減らせるかもしれません。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました