出産に絶対立ち会うべき理由!出産に立ち会った旦那の本音

育児

先日、私の奥さんが出産をしました。

初産という事で、夫婦共に戸惑いながらの出産になりました。

出産前、周りの旦那さん方の意見も参考にしつつ、絶対に分娩室には入らない、立ち会わないと心に決めていましたが、当日は助産師さんに言われるがまま分娩室へ。

実際に出産に立ち会ってみて、本当に貴重な経験になりましたので、少しでも立ち会いたくないという旦那さんに響けばと思い書かせてもらいます。

スポンサーリンク

立ち会い出産まで

出産日当日朝、同じベッドで寝ていた奥さんがお腹を痛そうにしていたので、ついに陣痛が来たかと思い、すぐに病院へ連れて行きました。

病院へ連れて行くと、医師からは、まだ子宮口が全然開いてないから当分生まれないと思いますと言われました。

奥さんの母親もいたので私は仕事でお客様のアポイントもあったので職場へ。

奥さんは連絡を取れない状況だったものの、奥さんの母と連絡をこまめに取りつつ状況を確認していました。

お昼過ぎに破水をしたものの、まだ時間はかかりそうとのことで、尚も仕事に取り組んでいたものの、午後4時ごろに抗生物質を打ったそうです。

午後5時半、仕事が終わり、早々に病院へ向かうと、その道中に奥さんの母から、もう産まれそうとの連絡が。。。

ダッシュで病院へ向かいました。

到着するとちょうど奥さんが病室から分娩室へ向かうところ。

どうにか間に合ったのはいいものの、予定日がもう少し先だったので、立ち会いについての話し合いも特にしていなかったため、助産師さんの言われるがままに私も分娩室へ入りました。

と、ここまでが立ち会い出産までの経緯です。

旦那さんが出産に立ち会うべき理由

奥さんの大変さが実感できる

奥さんの大変さが実感できると言うと、

出産が大変なのは重々承知だよ。

という男性の声が聞こえてきそうですね(笑)

ただ、そんな想像を遥かに超えた光景を、分娩室では見ることになります。

私もある程度覚悟はして中へ入ったものの、あんなに痛がって絶叫する奥さんを見たのは初めてでした。

本当にお母さんの大変さ、命の貴重さを実感することができました。

何もしてあげられない状況は自分のことを無力に感じました。そのぐらい出産は男には知る由もない、大変な行為です。

その無力さを認め、奥さんの偉大さを目の前で実感すること、それこそが立ち会い出産で大切なことの1つだと思いました。

夫婦の仲が深まる

辛いところ、叫んでいるところを見たら幻滅してしまいそう。

こういう旦那さんが少なからずいると思います。その逆も然りで、見られたくないという奥さんもいるでしょう。

私も幻滅してしまいそうで少しの不安がありました。

しかしながら、結婚するほど相手のことを受け入れた2人です。そんなことぐらいでは今更幻滅も何もありません、大丈夫です。

2人で目の前の命の為に支え合えば、確実に夫婦仲は深まります。

実際、出産後は私たち夫婦は一皮剥けたと言いますか、より仲が深まりましたので、本当に立ち会い出産をしてよかったなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

立ち会い出産をするか否か、なかなか難しい選択かもしれません。

ただ、立ち会い出産をしなかった後悔は容易に想像できたとしても、立会い出産をしての後悔はなかなか想像できないものです。

もし迷っている旦那さんがいるのなら、ぜひ分娩室で奥さんを支えてあげて欲しいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました